町議会議員選挙

雫石町議会議員選挙 開票結果速報2019|立候補者と当選者・情勢予想を調査

本記事では2019年7月21日投開票となる岩手県雫石町議会議員選挙(雫石町議会選挙/雫石町議選)の開票速報と開票結果についてご紹介しています。

また、2019年7月21日は夏の参議院選挙も執行されます。

岩手県選挙区の開票結果・開票速報についてはこちらの記事でご確認ください▼

参議院選挙2019岩手県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も参議院選挙2019から岩手県選挙区の開票速報・開票結果・当選者落選者の情勢・当確出口調査についてご紹介しています。また、立候補者一覧情報と、当落予想、最新の情勢調査もご紹介しています。情報は随時追加していきます。...

 

ここでは雫石町議会議員選挙2019の立候補者名一覧や定数・当選者・落選者・そして選挙情勢や当選予想について網羅していきます。

雫石町議会議員選挙2019の開票結果速報と当選者の最新出口調査情報は?

雫石町議会議員選挙2019の開票結果は自治体やNHKなどの出口調査・開票速報が発表され次第随時記事を更新していきます。

また、開票は即日開票となり開始時間は午後8時から。当落の大勢判明は翌午前1時ごろを見込んでいます。

開票場所は町中央公民館にて行われます。

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
当選890岩持 清美68無所属農業
当選790坂井 尚樹47無所属農業
当選632幅 秀哉62無所属会社役員
当選627徳田 幸男57無所属行政書士
当選595岡本 忠美63無所属農業
当選574西田 征洋74共産獣医師
当選543大村 昭東78無所属農業
当選541加藤 真純69無所属無職
当選503杉沢 敏明74無所属農業
当選465堂前 善信60無所属雫石町議会議員
当選438前田 隆雄63無所属農業
当選424古舘 謙護65無所属農業
当選416上野 三四二80無所属雫石町議会議員
当選406横手 寿明50無所属自営業
当選403金子 一男40無所属会社員
当選380坂下 栄一66社民農業
348山崎 留美子64無所属自営業
330谷地 善和66無所属無職
316川口 一男76無所属農業
120細川 祐弘63無所属農業








雫石町議会議員選挙2019の立候補者から見る情勢

任期満了に伴う雫石町議選は16日に告示され、定数16に対し20人が立候補を届け出ました。

立候補者の内訳は現職14人、元職1人、新人5人、党派別には共産1人社民1人無所属18人となっています。また、7月15日時点の有権者数は14,476人(男6,904人、女7,572人)となっています。

 

前回2015年の投票率は65.79%で定数と候補者はそれぞれ16名・19名でした。

参考:2015年の雫石町議会議員選挙の開票結果

結果得票数氏名党派
1033岩持 清美無所属
808大村 昭東無所属
783堂前 善信無所属
759西田 征洋共産
649前田 隆雄無所属
601.54杉沢 敏明無所属
519.46横手 寿明無所属
514上野 三四二無所属
499村田 厚生無所属
445加藤 真純無所属
440坂下 栄一社民
436谷地 善和無所属
435.03山崎 芳邦無所属
406.97山崎 留美子無所属
393石亀 貢無所属
376川口 一男無所属
337田屋舘 愛子無所属
82細川 祐弘無所属
64沢口 勇治無所属

 

前回2015年の選挙結果では16位の得票数が376票で、次点との差は39票であったことがわかります。(なかなかの接戦でした)

今回2019年は定数16・候補者20名となり競争としては若干厳しくなることが予想されます。

更に参院選と同日になった今回は、投票率が問題となるでしょうが、前回並みとすれば350~400票が当落線上となる可能性があります。








岩手県雫石町の特徴や抱える課題

雫石町は岩手県中部に位置する岩手群に属する町です。西側は秋田県に接しています。

秀峰岩手山をはじめ1,000m以上の山が連なり、山岳や高原が総面積の大部分を占めており、標高300m以上が総面積の約80%を占めています。

 

また、山麓部には広大な傾斜地が広がり、天然林、田畑がのどかな田園風景をつくりだし、耕地は、葛根田川、雫石川、南川の三河川流域に展開しています。

温泉やスキー場、小岩井農場などがあり観光に力を入れている町です。奥羽山脈の東に位置し冬は豪雪地帯に指定されています。経済・産業としての地域は盛岡・八幡平地域になります。

 

町の中央を東西に横断する国道46号は、東北自動車道盛岡インターとつながっていることから、自動車利用の利便性が高くなっています。

鉄路に関しては平成9年の秋田新幹線の開通により、雫石から東京まで乗り換えなしで2時間40分 で結ばれ、首都圏との時間距離が大幅に短縮されました。

 

町の中長期にわたる課題は、他の地方自治体と同様に減少する人口問題です。

このことに対して町では、「雫石町まち・ひと・しごと創生総合戦略」として施策等が述べられ実行推進が期待されています。

基本目標と施策を下記に記します。

仕事のできるまちづくり

  • 農林業の振興

農地の有効利用と農畜産物の生産振興を行い森林資源の活用を図る。

また担い手・後継者の育成に注力する。

  • 商工業の振興

創業支援と事業者への経営支援を行いまちの賑わいの創出を図る。

多様な就労環境の整備が必要とされている。

  • 観光業の振興

情報発信を強化し外国人観光客の誘客を促進する。

観光メニューの拡充を図るとともに観光資源の開発と環境整備を行う。

住みやすいまちづくり

  • 移住者の受け入れ態勢の整備と情報発信

定住支援窓口の設置しイメージアップと情報発信に努める。

お試し体験居住を実施する。

  • 居住拠点確保にかかる多面的支援

空き家利用による定住化の推進を図り定住希望者の住宅新築への支援を行う。

また公営住宅施設の利用拡大を進める。

  • 快適な生活地環境の提供

個別対応の定住拠点の整備を行うとともに環境の充実と交通手段の確保を図る。

結婚・出産・子育てができるまちづくり

  • 結婚支援

若年層からの情操教育に留意し結婚支援策の充実を図る。

  • 妊娠出産に対する切れ目のない支援

妊産婦女性の拡大と不妊治療女性の継続を図る。

出産時の環境づくりを推進する。

  • 子育て・教育環境の充実

地域でかかわれる子育ち環境を充実させ子育て世代への育児・経済的支援を進める。

加えてワークライフバランスの推進も期待される。

学校環境の充実と地元学業支援も必要とされている。

地域づくりと支えあい

  • 地域づくりの推進

公民館や学校を中心とした地域拠点機能の集約を図る。

  • 地域防災力の強化と支えあう環境づくり

防災体制の強化を図り高齢者等生活弱者への生活支援を行う。

 

今回の雫石町議選で選ばれた町議員の方々には、人口減に立ち向かい明るい雫石町の未来の礎となる任期4年として課題の共有と施策の実施を期待します。

雫石町議会議員選挙(雫石町議会選挙)2019|選挙日程などの実施概要

雫石町議会議員選挙2019の選挙日程など、実施概要は以下の通りです。

投票日

  • 2019年7月21日

投票時間

  • 午前7時から午後7時まで

投票所

  • 投票所入場券記載の投票所(市内12箇所)

期日前投票の日程や時間・期日前投票場所

  • 7月17日(水)~7月20日(土)午前8時30分~午後8時

同日執行の選挙

雫石町議会議員選挙2019と同日に執行される主な選挙戦は以下の通りです

error: Content is protected !!