参議員選挙

参議院選挙2019|東京都選挙区の当落予想と立候補者一覧・最新情勢を随時更新

本記事では第25回参議院議員選挙(2019年7月・夏執行)から【東京都選挙区】の立候補者一覧情報や当落予想・選挙情勢をどこよりも早くまとめていきます。

尚、立候補者情報は判明した情報を随時まとめていきます。

※更新状況は「更新日」を確認してください。

更新日:2019.4.29

参議院選挙2019|東京都選挙区の立候補者一覧【随時更新】

今回の東京都選挙区は改選数6です。本記事作成時点では立候補者は7名です。

まずは予想される立候補者リスト一覧からご紹介します。

  • 武見 敬三 67 自民党・現
  • 丸川 珠代 47 自民党・現
  • 山口那津男 66 公明党・現
  • 吉良 佳子 36 共産党・現
  • 山本 太郎 44 自由党・現
  • 七海ひろこ 34 幸福実現党・新
  • 塩村 文夏  41 立憲民主党・新

 

次に東京都選挙区の立候補者の簡単な経歴プロフィールや掲げる公約(マニフェスト)・政策主張についてご紹介します。

※記事作成時点での予想される顔ぶれ情報となります。立候補者情報は随時更新していきます。

東京都選挙区の立候補者

武見 敬三(たけみ けいぞう)の経歴やプロフィール

画像出典元:公式FACEBOOKより

  • 名前:武見 敬三(たけみ けいぞう)
  • 現年齢:67歳
  • 性別:男
  • 党派:自民党 現職
  • 肩書き:元厚労副大臣
  • 学歴:慶應義塾大学大学院政治学専攻修士課程修了
  • 職歴:東海大学教授やテレビ朝日「モーニングショー」のメインキャスター、ハーバード大学での研究を経て、参議院議員に。
    保健医療から海洋、国際援助まで幅広い知見で、党・派閥を超えて各立法に貢献。参議院議員4選目となる。

 

主な公約・政策主張

政策

  • 何歳になっても安心して暮らせる、 活力ある健康長寿都市”東京”
  • 未病対策で健康人口を増やし、多世代で支える、 世界で最も安心・安全で誰もが住みやすい都市づくりを進めていきます。

公式HPより

 

丸川 珠代(まるかわ たまよ)の経歴やプロフィール

画像出典元:公式FACEBOOKより

  • 名前:丸川 珠代(まるかわ たまよ)
  • 現年齢:47歳
  • 性別:女
  • 党派:自民党 現職
  • 肩書き:元五輪相
  • 学歴:東京大学経済学部 卒業
  • 職歴:株式会社テレビ朝日入社、14年務めた後参議院議員初当選(東京都選挙区)。現在2期目。東京オリンピック・東京パラリンピック担当大臣を務める。

 

主な公約・政策主張

6つの主張

  • 若者の働く力が社会を支える日本に!
  • 子育てと働くことを両立できる日本に!
  • 年金だけでも安心して暮らせる日本に!
  • 地域に仕事とにぎわいを!
  • 東京をグローバル拠点に!
  • 日本の自主・自立・自尊を取り戻す!

公式HPより

 

山口 那津男(やまぐち なつお)の経歴やプロフィール

画像出典元:公式Twitterより

  • 名前:山口 那津男(やまぐち なつお)
  • 現年齢:66歳
  • 性別:男
  • 党派:公明党 現職
  • 肩書き:党代表
  • 学歴:東京大学法学部 卒業
  • 職歴:大学卒業後弁護士となる。37歳で衆院選挙に東京10区で当選、2001年からは参議員議員として、参院憲法調査会幹事、参院予算委員会委員、参院財政金融委員会委員等を務める。2009年より公明党代表。

 

主な公約・政策主張

庶民の暮らし守り抜く

  • 幼児教育・保育の無償化
  • 私立高校授業料の実質無償化
  • 消費税引き上げ時に「軽減税率」を導入 等

平和外交の先頭に

  • 日中関係改善の扉を開く
  • 政党外交を積極的に展開
  • 地雷除去支援 等

東京の未来を開く

  • 防災・減災、大規模災害の復旧・復興など
  • 公立小中学校の教室、体育館へのエアコン設置
  • 「世界一安全な国・日本」をめざし、テロ対策の充実 等

公式HPより








吉良 佳子(きら よしこ)の経歴やプロフィール

画像出典元:公式FACEBOOKより

  • 名前:吉良 佳子(きら よしこ)
  • 現年齢:36歳
  • 性別:女
  • 党派:共産党 現職
  • 肩書き:党中央委員
  • 学歴:早稲田大学第一文学部(日本文学専攻)卒業
  • 職歴:印刷会社で4年間、CSR(企業の社会的責任)の報告書作成支援の仕事に携わる。2013年参院選挙、東京都選挙区より当選。総務委員、倫理選挙特別委員、文教科学委員、決算委員、憲法審査会委員等を歴任。

 

主な公約・政策主張
  • 平和が原点
    わたしの原点は「平和」です。小さい頃、戦争の絵本を読んでショックを受け、普通の飛行機も怖がるようになっていました。そんな時、日本には「戦争をしない」と決めた憲法9条があること、戦争中にも戦争に反対し続けた政党、日本共産党があることを母が教えてくれたのです。平和の党、日本共産党を支持しようと心に決めたきっかけです。
  • 候補者活動の中で
    候補者活動を通して重視しているのは現場にいくこと。
    2009年夏から続いている「池袋派遣村」の生活相談・労働相談活動にもすべて参加。「働きたいのに仕事がない」「仕事がなくて住まいもない」人たちの声を聴き、その生活支援に力を注いできました。
  • 国会議員として
    違法労働を繰り返す企業名の公表や、固定残業代制の問題などブラック企業・ブラックバイトについて、くりかえしとりあげてきました。2015年5月には厚労省労働基準局長名の通達「違法な長時間労働を繰り返し行う企業のトップに対する都道府県労働局長による是正指導の実施及び企業名の公表について」を出すなど、悪質企業名の公表が実現。
    2015年に出産。母親となり、どの子も、だれの命も戦争で奪われてはならないと、戦争法廃止への思いを胸に奮闘しています。

公式HPより

 

山本 太郎(やまもと たろう)の経歴やプロフィール

画像出典元:公式Twitterより

  • 名前:山本 太郎(やまもと たろう)
  • 現年齢:44歳
  • 性別:男
  • 党派:自由党(19/4/10離党)
  • 肩書き:元共同代表
  • 学歴:-
  • 職歴:1991年より俳優として活躍。1996年にはNHK連続テレビ小説『ふたりっ子』出演、世界ウルルン滞在記の体当たりレポートは人気を博した。2012年の衆院選挙に無所属で出馬するも時点で落選。2013年の参院選挙で4位で初当選する。
    文教科学委員会、東日本大震災復興特別委員会、資源エネルギーに関する調査会に所属。

 

主な公約・政策主張

政策

被曝させない

  • 原発即時撤退

TPP 入らない

  • 「水」「食」「医療」などが奪われ、脱原発が不可能に

飢えさせない

  • 社会保障を厚く!

公式HPより

 

塩村 文夏(しおむら あやか)の経歴やプロフィール

画像出典元:公式Twitterより

  • 名前:塩村 文夏(しおむら あやか)
  • 現年齢:41歳
  • 性別:女
  • 党派:立憲民主党 新人
  • 肩書き:-
  • 学歴:共立女子短期大学 卒業
  • 職歴:短大卒業後、Australian School of Hotel Management and Hospitality へ留学
    放送作家(オフィス・トゥー・ワン所属)として「シューイチ」「24時間テレビ」(日本テレビ)を担当2013年世田谷区より東京都議会議員選挙に出馬、当選。2017年民進党広島3区総支部長に就任、2019年1月、国民民主党を離党し立憲民主党に入り、拠点を広島から東京へ移す。

 

主な公約・政策主張

政策

  • 女性が輝く社会
  • 労働者保護法制の強化
  • 社会保障制度の充実
  • 地方文献改革の推進
  • 核兵器廃絶の取り組み加速
  • 動物殺処分ゼロ

公式HPより

 

七海 ひろこ(ななみ ひろこ)の経歴やプロフィール

画像出典元:公式Twitterより

  • 名前:七海 ひろこ(ななみ ひろこ)
  • 現年齢:34歳
  • 性別:女
  • 党派:幸福実現党 新人
  • 肩書き:党広報本部長
  • 学歴:慶應義塾大学法学部 卒業
  • 職歴:大学で国際政治を学び、(株)NTTデータに就職。2009年の幸福実現党結党を機に政治家を目指す。現在は幸福実現党の広報本部長を務める。

 

主な公約・政策主張

「自分の国は自分で守る」決断を

  • 北朝鮮危機への万全の対処を実施
  • 防衛費倍増による防衛装備の充実強化 等

正しい経済政策で未来を築く

  • 消費増税は中止し、5%に減税
  • 法人税(実効税率)は10%台に大幅引き下げ
  • 徹底的な規制緩和で民間の自由を実現 等

公式HPより

参議院選挙2019|東京都選挙区の当落予想・情勢調査【随時更新】

東京選挙区は、2013年にはアナウンサーの小倉淳氏、先日港区議に当選したマック赤坂氏、ドクター中松氏、また2016年には、高樹沙耶氏など、いろいろな有名人が立候補しています。

 

お祭りの雰囲気も感じられますが、当落ボーダーライン上には真の政治家がしのぎを削る、興味深く、大切な選挙区でもあります。

 

今回の選挙は、2013年の参院選の選出議員が任期満了となります。そこで2013年の選挙の結果を見てみましょう。

 

氏名得票数得票率
丸川 珠代1,064,66018.88%
山口 那津男797,81114.15%
吉良 佳子703,90112.49%
山本 太郎666,68411.83%
武見 敬三612,38810.86%
鈴木 寛552,7149.80%
小倉 淳413,6377.34%

…と続きました。

朝日デジタル2013年参院選挙選挙区開票速報:東京(改選数5)より

 

2016年より東京都選挙区は改選数が5→6に変更になりました。

 

人気が高い丸川氏、公明党党首の山口氏は確実でしょう。

前回12年ぶりに議席獲得を果たした吉良氏、国会での発言が注目される山本氏。

 

立憲民主の塩村氏がどこまで食い込めるかがポイントになりそうです。

山本氏が自由党の比例区に移れば立憲民主が候補者を2人擁立する可能性もありましたが、自由党が解党したため、その可能性は低いのではないでしょうか。

 

今の状況では武見氏、塩村氏、七海氏が激しい戦いとなりそうです。








まとめ

以上、参議員選挙2019東京都選挙区の当落予想と立候補者一覧情報についてでした。

 

日本の中枢である東京都選挙区は特に注目を集める重要な選挙戦となります。

 

安倍総理大臣は衆参ダブル選挙も視野に入れているのではないかと報道されていますが、もし本当に実現すれば東京都選挙区は激戦の嵐となりそうです。

 

情報は随時アップデートしていく予定です。

しっかり調べて投票に行き、悔いのない日本の選択を!

参議院選挙2019
error: Content is protected !!