参議院選挙

参議院選挙2019|愛媛県選挙区の当落予想と立候補者一覧・最新情勢を紹介

愛媛県といえば道後温泉。

『古事記』『日本書紀』にも登場した3000年の歴史を誇る由緒正しい温泉です。「美人の湯」として有名ななめらかなお湯。

最近は足湯や湯の町の賑わいも充実し、一度行ってみたい温泉の一つです。

 

注目の観光地を持つ愛媛県選挙区について、第25回参議院議員選挙(2019年夏)の立候補者一覧情報、当落予想、情勢調査について、判明した情報からまとめていきます。

せんこ
せんこ

情報は随時更新していきますので、更新状況は「更新日」をご確認ください。

 

更新日:2019.6.18

参議院選挙2019|愛媛県選挙区の立候補者一覧【随時更新】

今回の愛媛県選挙区は改選数1です。本記事作成時点では立候補者は2名です。

  • 永江 孝子(ながえ たかこ)    58歳 無所属・新
  • らくさぶろう(本名:冨永幸伸) 54歳 自民党・新

愛媛県選挙区の立候補者

以下は記事作成時点での予想される顔ぶれ情報となります。立候補者情報は随時更新していきます。

永江 孝子(ながえ たかこ)の経歴やプロフィール

画像出典元:公式FACEBOOKより

  • 名前:永江 孝子(ながえ たかこ)
  • 現年齢:58歳
  • 性別:女
  • 党派:無所属・新
  • 肩書き:元衆院議員
  • 学歴:神戸大学法学部 卒業
  • 職歴:南海放送初のママさんアナウンサー。「もぎたてテレビ」務め、暮らしの声等をを18年間取材してきた。 2009年、衆議院選挙に比例当選。国会では、教育・地方自治分野で活躍。
    2016年の参院選で市民団体の支援を得て立候補するも得票率1.3%の差で惜敗。満を持して今回の参院選に望む。

2018年7月の西日本豪雨災害では、7月9日に道路が開通するやいなや、車に積めるだけの水を積み宇和島市吉田町に入った永江氏。

「今、困っている人を、今、助ける」とボランティア活動にも余念がないそうです。

座右の銘は「どうしてベストを尽くさない?」好きな言葉は「平和は笑顔からはじまります。(マザー・テレサ)」明るさと行動力は天下一品です。

主な公約・政策主張

ながえ孝子 5つの約束

  1.  愛する故郷で安心して暮らせるようにします
    • 「安心できる年金制度」への立て直し
    • 農林漁業・中小企業の徹底応援
    • まじめに働く人が報われる「安定した雇用」と「低賃金の改善」
  2. 次世代への応援を充実します
    • 子どもの医療費無料
    • 教育無料化(幼児から大学)
    • 延長・休日・病児保育の充実
  3. 【格差をなくす】ため、税金を大事なところに正しく使います
    • 税金のムダ使いをやめ、暮らしを底上げする景気対策を!
    • 地域で自由に使えるお金を送って、都会と地方の格差是正
    • 新エネ・省エネへ集中投資し、グリーン成長しながら、脱原発へエネルギーシフト
  4. 政治がやるべき改革を進めます
    • 国会議員の定数削減、歳費の引き下げなど「身を切る改革」を!
    • 議員の世襲を制限
    • 「忖度(そんたく)」を許さない行政改革
  5. 平和な日本を守ります
    • 戦争に近づくような改憲や法案は阻止・廃止します。
    • 憲法9条「平和の理念」や「立憲主義」を守ります。

公式HPより

『青空えひめの会』
※愛媛県内に活動拠点を展開し、ながえ孝子の政治活動を支える政治団体です。こちらのほうが読みやすい印象。

公式facebook

らくさぶろう(本名:冨永幸伸)の経歴やプロフィール

画像出典元:公式Twitterより

  • 名前:らくさぶろう(本名:冨永幸伸)
  • 現年齢:54歳
  • 性別:男
  • 党派:自民・新
  • 肩書き:タレント
  • 学歴:愛媛大学教育学部音楽教員養成課程 中退
  • 職歴:芸能プロダクション・広告代理店・司会業の有限会社らくプロモーションを設立。司会・講演・落語・執筆など多彩に活動中。

趣味は吹奏楽でチューバを演奏されるそうです。

座右の銘は「反省すれど後悔せず」。後悔して悩んでいるくらいなら、前に進めということでしょうね。前向きですね!

主な公約・政策主張

政策

情熱:

  • 情(じょう)のある政治家になりたい。女性、高齢者、障がいのある人、全ての人が輝ける幸せを実感できる社会づくり。
  • 地元への熱い思い。日本に生まれてよかった、愛媛に暮らしてよかったと思える、みんなが誇りを持てるふるさとづくり。

地域づくり:

  • 若者たちの斬新な発想とアイデアを結集し、農・林・漁業の活性化とものづくり産業、そして中小企業の効果的な振興策を推し進める。
  • 地域防災・福祉・子育て家庭支援を目指した温かくて強いネットワークづくり。
  • 愛媛の持つ豊かな社会資産をフル活用し、アウトレットやアミューズメントパークなど愛媛らしい魅力に満ちた誰もが集えるにぎわい空間を創出する。

人づくり:

  • みんなが出会い、学びあい、育ちあう地域の人づくりのできる環境をつくる。
  • 自己肯定ができる心豊かな子どもたちを育みたい。伝統と文化を大切に深く学べる環境を整えたい。
  • 家庭・学校・地域がスクラムを組んで地域の宝・子どもたちを育てる協働の青少年育成。

公式HPより

公式Twitter








参議院選挙2019|愛媛県選挙区の当落予想と情勢調査【随時更新】

今回の選挙は、2013年の参院選で選出された方の任期満了による選挙となりますが、現職の井原氏は衆院選に鞍替えが決定しており、現職の立候補はありません。

 

ですので、永江氏が立候補した2016年の参院選の結果を見てみます。

氏名得票数得票率政党新旧
当選山本 順三326,99049.58%自民
永江 孝子318,56148.30%無所属
森田 浩二14,0132.12%諸派

朝日デジタル 2016参院選 選挙区開票速報:愛媛県(改選数1)より

 

2016年の参院選で現職山本氏が326990票を獲得したのに対し、永江氏は318561票。

わずかに8429票の差で涙をのんだ永江氏。

 

実績のある現職をかわした、勢いのある永江氏。

今回の相手は新人のらくさぶろう氏です。

お二人とも地元でメディア系の仕事をされており、知名度は同程度でしょう。

 

衆議院議員の経験がある、永江氏が実績面で一歩リードしていますが、もともと自民の強い地盤でもあり、そういった点ではらく氏も負けてはいないです。

2016年に引き続き、混戦模様になりそうな印象です。

まとめ

以上、参議員選挙2019愛媛県選挙区の当落予想と立候補者一覧情報についてでした。

永江氏とらく氏、おふたりともメディア出身で、新人であり、厳しい選挙戦が予想されます。

永江氏は先日自転車で転んで骨折されたそうですが、くれぐれも健康には留意してしっかり選挙活動に専念できることを願っています。

そして県民のみなさんへの冷静な判断を期待しています。

参議院選挙2019
error: Content is protected !!