地方選挙

三田市長選挙 開票結果速報2019|出口調査と情勢予想・立候補者の公約を解説

兵庫県三田市長選挙が2019年7月21日に投開票となります。

こちらの記事では三田市市長選挙2019の開票速報や当選者の開票結果、最新の出口調査や情勢、立候補者の公約などについてご紹介していきます。

 

2019年の三田市長選挙の立候補者はいずれも無所属で、元加西市長の中川暢三氏(63)、元市議の長谷川美樹氏(68)=共産推薦、現職市長の森哲男氏(67)=自民、公明、立民、国民推薦-の3名です。

三つ巴の選挙戦となる今回の三田市長選ですが、果たしてその結果・情勢はどのようになったのか、早速見ていきます。

 

せんこ
せんこ

今回は兵庫県三田市長選挙2019の開票結果や立候補者の公約などについてご紹介します。

 

参議院選挙2019兵庫県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も考察2019年、夏の参議院議員選挙から兵庫県選挙区における立候補者一覧情報や当確予想、情勢調査についてまとめています。立候補者名一覧と開票速報や開票結果、当選者落選者の当確出口調査情勢も随時更新していきます。...

三田市長選挙2019の開票結果速報と当選者の最新出口調査情報は?

三田市長選挙2019の選挙開票結果は自治体やNHKなどの出口調査、開票速報が発表され次第随時記事を更新していきます。

※パソコン環境の場合はブラウザを更新してページを再読込してください

結果得票数氏名年齢党派新旧
6,056中川 暢三63無所属
14,275長谷川 美樹68無所属
当選28,351森 哲男67無所属








三田市市長選挙|2019年の立候補者の経歴や公約は?

三つ巴の選挙戦となった三田市市長選挙の立候補者3名の経歴や掲げる公約などについてご紹介します。

中川 暢三(なかがわ ちょうぞう)の経歴やプロフィール

  • 名前:中川 暢三(なかがわ ちょうぞう)
  • 現年齢:63歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新
  • 肩書き:元加西市長、元大阪市北区長
  • 学歴:信州大学卒、同大学院中退、松下政経塾
  • 職歴:合同会社エヌシーシー代表社員

松下政経塾、鹿島建設時には各地の都市開発に関わり母の在宅介護をしながら務めた。

49歳で加西市長を2期務めその後大阪市北区長。

主な公約・政策主張
  • 教育子育ての充実
  • 市民負担の軽減
  • 交通問題の解消
  • 医療と介護の充実
  • 市民自治の町
  • 分権と持続可能な地域経営
  • 行政のイノベーション

長谷川 美樹(はせがわ よしき)の経歴やプロフィール

  • 名前:長谷川 美樹(はせがわ よしき)
  • 現年齢:68歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新
  • 肩書き:前三田市議会議員
  • 学歴: 名城大学法学部卒
  • 職歴:民間企業、介護施設職員、2008年より市議、現在3期目。共産党市議団の団長を務め2017年には市議会副議長となった。

岐阜県七宗町出身。1974年3月に名城大学卒業後民間会社に勤務。

その後2008年1月から2019年6月まで三田市議会議員。

主な公約・政策主張
  • 市民病院は今の場所で直営存続
  • 中学校の再編統合の白紙撤回
  • 中学卒業までの医療費の完全無料化
  • 若者の正規雇用の増加を図る
  • 免許返納後の外出支援
  • 国保税の引き下げ
  • 消費増税に反対
  • 市内重視の経済の実現
  • 農業の継続支援
  • 防災体制の強化

森 哲男(もり てつお)の経歴やプロフィール

  • 名前:森 哲男 (もり てつお)
  • 現年齢:67歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:現三田市長、全国市長会評議員、 阪神・丹波市長会会長
  • 学歴:大阪大学法学部卒
  • 職歴: 兵庫県庁、兵庫県いなみ野学園理事長兼学園長

大阪府羽曳野市出身。1977年大阪大学法学部卒業後に兵庫県庁へ入庁し2012年3月まで勤務した。

退職後、兵庫県生きがい創造協会理事長に就任。2014年、兵庫県いなみ野学園理事長兼学園長し2015年3月まで務める。

同年7月の三田市長選挙に自民党の推薦を受けて出馬し当選し就任した。

主な公約・政策主張

  • 子供たちの学びの環境の充実
  • 若者が集う文教都市へ
  • 待機児童ゼロへ
  • 北摂ニュータウンの再生
  • 農業の生産性向上と担い手不足の解消
  • 医療体制の確保
  • 認知症対策の強化維持
  • 市民病院の再編・統合
  • 財政再建による市民サービスの向上









三田市長選挙2019の選挙情勢から見る当落予想

前回2015年の市長選は4人の新人で競う激戦の中、勝利したのは森てつお氏でした。

投票率は41.74%。

 

当選森 てつお無所属63歳(男)新人14,606 票
笠谷 圭司無所属35歳(男)新人9,773 票
芝野 照久無所属63歳(男)新人7,630票
肥後 淳三無所属57歳(男)新人5,128票

 

同市は人口の6割を占めるニュータウンで急速な高齢化が予想され、三田市民病院、市立中学校の再編問題などが主な争点となっています。

現職で再選を目指す森氏へ元加西市長の中川氏と元市議の長谷川氏が挑む形となった今回の市長選挙ですが、三田市民の森氏の実績に対する評価が一つの軸となるでしょう。

加えて参院選同日執行が投票率の下降に歯止めがかけられるかも焦点となりそうです。








兵庫県三田市市長選挙2019の日程や期日前投票など

最後に兵庫県三田市市長選挙2019における告示日や投票日・期日前投票期間などについてご紹介します。

  • 告示日:2019年7月14日
  • 投票日:2019年7月21日
  • 投票時間:午前7時~午後8時まで
  • 投票所:投票所入場券記載の投票所
  • 期日前投票期間:7月1日(月) ~ 7月6日(土) まで
  • 期日前投票時間:投票所につき変動あり

まとめ

以上、三田市長選挙2019に関する情報をお届け致しました。

本サイトでは同日執行されるその他都道府県の選挙情報もまとめていますので参考になさってください。


同日執行の選挙

三田市長選挙2019と同日執行の選挙は以下の通りです。(無投票は除く)

error: Content is protected !!