参議院選挙

おしどりマコ 参議院選挙2019開票結果速報は当選落選?得票数や政策も調査

参議院選挙のような大型国政選挙には毎回多くの有名人・タレント候補者が立候補しますよね。

こちらの記事では立憲民主党比例代表区から立候補したお笑い出身の、おしどりマコ候補者の当選落選の結果速報及び開票結果、得票数や経歴、掲げる主張・公約などについてまとめていきます。

選挙戦の結果予想もしてみましたので参考にしてください。

 

早速みていきましょう。

せんこ
せんこ

今回は2019年7月21日投開票の参議院選挙からおしどりマコ氏に関する情報を紹介します。

おしどりマコの参議院選挙2019の結果速報及び開票結果・得票数

おしどりマコ候補者の参議院選挙2019における結果速報及び開票結果は7月21日投開票日の開票速報・NHKの当確出口調査情報などが発表され次第随時こちらに記載していきます。

得票数についても随時掲載していきますのでどうぞお楽しみに。

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
157848岸 真紀子43立憲岩見沢市役所職員
148309水岡 俊一63立憲元参院議員(2期)
144751小沢 雅仁53立憲日本郵政グループ労働組合中央副執行委員長
143472吉川 沙織42立憲参院議員(2期)
104339.413森屋 隆52立憲私鉄総連 交通対策局長
94702川田 龍平43立憲参院議員(2期)
73799石川 大我45立憲元豊島区議、参院議員秘書
73787須藤 元気41立憲元格闘家、元アーティスト
50415.298市井 紗耶香35立憲タレント
32024奥村 政佳41立憲アーティスト、気象予報士
31683.757若林 智子57立憲元神奈川県議、元横浜市議
29072おしどりマコ44立憲芸人、記者
28919.215藤田 幸久69立憲参院議員(2期)
23002斉藤 里恵35立憲元北区議
20200.177佐藤 香51立憲NPO法人理事
13422.369中村 起子54立憲会社社長
11991今泉 真緒40立憲展示プランナー、デザイナー
10140小俣 一平67立憲ルポライター、作家
9483.26白沢 みき52立憲フリーアナウンサー
9008.343真野 哲58立憲会社社長
5115塩見 俊次70立憲医師
4529.113深貝 亨65立憲行政書士








おしどりマコは当選か落選か?結果を予想|参議院選挙2019

今回の参議院議員選挙比例区で立憲民主党は22人の候補者を名簿に登載しています。

全国紙や大手通信社など主要メディアは、比例区で立憲民主党の獲得議席を11議席前後と予想しています。

従って、当選圏内に入り込むためには、同じ党派内でもいかに他の候補者より多くの票を獲得して順位を上げるかの競争になります。

 

今のところ、大手有力団体の労働組合の組織内候補者が5~6名いて当選有力視されているので、残り5~6人の枠に入れるかどうかの争いになります。

タレント候補の場合は、個人の知名度を活かして、所属党派の支持層だけでなく、他党や無党派層からも幅広く支持を集められる強みがあります。

従って、知名度を頼りにどれだけ支持を集められるかが当落のポイントになるわけですが、昔と違って、一般有権者の目も肥えてきており、単に有名人だから投票するという時代ではなくなってきています。

 

すなわち、知名度+人柄、政治家を志す理念や日常の活動実績が重視されるのです。

おしどり候補の場合は、立憲民主党の比例区目玉候補の一人として注目を集めていますが、よしもと所属の夫婦漫才師としてライブ活動が主体で、今までテレビでの露出が比較的少なかったので、知名度はさほど高くはありません。

脱原発をスローガンに掲げ、東京電力福島第一原発事故に関する取材・記事をWEB媒体を中心に活発に発表し続けてきましたが、その内容の信ぴょう性について、過去に何度も問題視されてきており、熱心な支持者がいる一方で、批判者も少なくありません。

 

脱原発や反原発を主張している文化人は多いので、その中でどう差別化を図るのかも課題でしょう。

無党派層からどれだけ支持を集められるかがカギになりますが、おしどり候補の主張や考え方には好き嫌いが分かれる傾向にあり、果たしてどれだけ受け入れられるか微妙なところです。

今のところ、当落線上か、当選はやや厳しいといったところでしょう。








おしどりマコ|経歴プロフィールや政策・主張

  • 名前:おしどりマコ(おしどりまこ)
  • 現年齢:44歳
  • 性別:女
  • 党派:立憲民主党
  • 肩書:漫才師
  • 学歴:兵庫県立長田高校卒業、鳥取大学医学部生命科学科中退
  • 職歴:芸人、記者

本名:吉岡 雅子(よしおか まさこ)。

大学中退後、東西屋ちんどん通信社に入門し、アコーディオン流しを経て、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。おしどりケンと夫婦漫才「おしどり」として活動。フォトジャーナリズム月刊誌「DAYS JAPAN」編集委員。

2011年3月の東日本大震災後、東京電力福島第一原子力発電所事故について記者として取材を始める。

主な公約・政策主張

おしどり候補は、立候補に際して、以下のような基本理念を訴えています。

「ちゃんと情報が与えられて、一人一人が考える機会を持ち、あらゆる選択の自由がある、それがフェアな社会だと思います。

私は調べたい。知りたい。そして必要なあらゆる選択肢を作りたい。そういう方々をたくさん増やしたい。

自分で考えること行動することは面倒だけど、だれか任せにせず、私たちの社会は私たちみんなで作っていきたいのです。」

そして、政策として、次の5つの基本方針を掲げています。

▶︎脱原発!

▶︎脱被ばく!

▶︎脱情報改ざん!

▶︎脱情報隠ぺい!

▶︎脱無関心!

まとめ

以上、参議院選挙2019におけるおしどりマコ氏の開票結果、結果予想、経歴や公約に関する情報をお届けいたしました。

 

おしどり候補の場合、その基本的な考え方は立憲民主党の支持層には受け入れやすいでしょう。ただ、脱原発の取材・記事の内容については賛否両論厳しいものがあり、同党支持層の間でもどこまで支持されるかは微妙なところです。

個人の知名度も必ずしも大きな強みとはいえず、また、無党派層からも同候補に対する好き嫌いが大きく分かれるだけに、どこまで支持が広げられるかは未知数ですが、なかなか難しいのではないでしょうか。

現状では、当落線上か、当選はやや厳しい状況にあるとみられます。

error: Content is protected !!