地方選挙

神崎町議会議員選挙 開票結果速報2019|立候補者と当選者・情勢予想を調査

本記事では2019年7月21日投開票となる千葉県神崎町議会議員選挙(神崎町議会選挙/神崎町議選)の開票速報・開票結果についてご紹介しています。

今回の神崎町議会選挙には定数10に対して13名が立候補しています。

 

ここでは開票結果をお伝えするとともに、神崎町議会議員選挙2019の立候補者名一覧や当選者・落選者・そして選挙情勢や当選予想についても網羅していきます。

神崎町議会議員選挙2019の開票結果速報と当選者の最新出口調査情報は?

神崎町議会議員選挙2019の開票速報及び開票結果は自治体の選挙管理委員会やNHKなどの報道メディアからの出口調査・開票速報が発表され次第随時記事を更新していきます。

尚、投開票は即日開票で、開始時間は午後8時45分から。

場所は神崎町神崎本宿の神崎ふれあいプラザにて行われます。

投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
当選554高柳 智52無所属社会福祉法人役員
当選500椿 等64無所属会社役員
当選419高橋 正剛57無所属会社役員
当選262荒井 葉一70無所属無職
当選261宝田 久元67無所属農業
当選229大原 秀雄66無所属会社役員
当選224鈴木 節子69共産町議会議員
当選196石井 正夫74無所属農業
当選188木内 直樹66無所属会社役員
当選181石橋 伸一63無所属農業
当選181池田 孝幸67無所属会社員
103木内 信義64無所属無職
79酒井 誠57無所属クリーニング業
  • 投票率:66.40%








神崎町町議会議員選挙2019の立候補者から見る情勢

今回の神崎町議会選挙には、定数10名に対して13名の立候補がありました。

党派別・新旧別の内訳は以下の通りです。※()内は女性

 

現職元職新人
共産党1(1)001(1)
無所属4(0)2(0)7(0)13(0)
合計5(1)2(0)7(0)14(1)

 

現職5名、元職2名、新人7名の戦いとなりました。

党派に所属した立候補者は共産党現職女性候補1名で、女性立候補者もこの1名のみです。

今回の町議選は立候補者の半数が新人というフレッシュな戦いです。

 

今年6月に前町長死去に伴い行われた神崎町長選挙は、現職町議3名による戦いとなりました。もともと町議10名のうち1名は欠員で、9名中3名が町長選に出馬して失職しました。

 

現段階では現職は6名で1名は引退。町長選で敗れた2名は元職となって今回の町議選に再立候補しますが、新人候補にもチャンスのある選挙戦になりました。

 

前回2015年の町議選は無投票で10名の当選が決まりました。

参考:2015年の神崎町議会議員選挙の開票結果

結果氏名党派
椿 智郎無所属
椿 等無所属
高橋 正剛無所属
宝田 久元無所属
成毛 績無所属
大竹 英夫無所属
石橋 伸一無所属
鈴木 節子共産
木内 直樹無所属
石井 正夫無所属

 

前々回2011年の町議会選挙は定数10名に対して11人の選挙戦で、投票率は68.8%、当選ボーダーラインは240票でした。

 

神崎町では2011年の町議選を最後に、2012年町長選、2015年町議会選、2016年町長選が無投票となり、今年6月の町長選が8年ぶりの選挙になりましたが、その1月後、立て続けに町議選というあわただしい夏を迎えています。








千葉県神崎町の特徴や抱える課題

神崎町は千葉県北部の香取郡に属する人口約6千人の町です。千葉県で最も人口の少ない市町村ではありますが、江戸時代から利根川の水運で栄え、良質な米の産地であることと地下水の水質が適しているため日本酒や味噌、醤油などの醸造業のさかんな地域でもあります。現在でも江戸時代から300年以上の歴史を誇る蔵元が2軒あり、当時の食品文化を伝えています。

 

町の人口は戦後から6,000人前後で推移していますが、2000年以降は減少傾向です。神崎工業団地の造成など町も産業振興に手は打ってきましたが、町の活気を取り戻すのは難しい状況です。自主財源に乏しい神崎町の財政力指数は0.4程度で、千葉県内の他の自治体に比べると低い水準になっています。

 

前町長は町の活気を取り戻すため、町の特産である発酵食品や循環型農法など体に良くておいしいものをテーマに、老舗の酒蔵、有機農法に取り組む農家と共に町の振興に積極的に取り組んできました。そして住民から発案された「発酵の里こうざき」をキャッチフレーズに、様々な町おこしイベントを開き、マスコミなどを巻き込んで大規模なPR活動を展開してきました。その結果、「発酵の里こうざき酒蔵祭り」は、町の人口の8倍以上にもなる5万人を集客する大イベントになり、2015年には圏央道神崎インター隣接地に「道の駅 発酵の里こうざき」を開設し、通年観光客の誘致などに取り組んでいます。

 

前回の町長選では、3候補ともに前町長の町政継続を訴え、大きな争点を生み出すことなく選挙戦を終えていますが、町にはまだ宿題が残されています。道の駅のさらなる有効活用やパーキングエリア化実現や、「発酵の里」として知名度の上がった特産品のブランド化など、さらなる町の活性化を継続していくために、選挙で選ばれる町議の責任は重大です。

神崎町議会議員選挙(神崎町議会選挙)2019|選挙日程などの実施概要

神崎町議会議員選挙2019の選挙日程など、実施概要は以下の通りです。

投票日

  • 2019年7月21日

投票時間

  • 午前7時から午後8時まで

投票所

  • 投票所入場券記載の投票所

期日前投票の日程や時間・期日前投票場所

  • 7月17日から7月20日

同日執行の選挙

神崎町議会議員選挙2019と同日に執行される主な選挙戦は以下の通りです。

error: Content is protected !!