地方選挙

琴平町議会議員選挙 開票結果速報2019|立候補者と当選者・情勢予想を調査

2019年7月28日投開票となる香川県、琴平町議会議員選挙(琴平町議会選挙/琴平町議選)

本記事では琴平町議会議員選挙2019の立候補者名一覧開票速報・開票結果、当選者・落選者の得票数選挙情勢について網羅していきます。

琴平町議会議員選挙2019の開票結果速報と当選者の最新出口調査情報は?

琴平町議会議員選挙2019の開票速報及び開票結果は自治体の選挙管理委員会やNHKなどの報道メディアからの出口調査・開票速報が発表され次第随時記事を更新していきます。

結果得票数氏名党派新旧
当選534山神 猛無所属
当選503渡辺 信枝無所属
当選444山下 康二無所属
当選400真鍋 かず男無所属
当選363森藤 泰生無所属
当選349別所 保志無所属
当選349安川 稔無所属
当選344吉田 親司無所属
当選342豊嶋 浩三無所属
当選305今田 勝幸共産
277堀家 正信無所属
188吉田 正人無所属








琴平町町議会議員選挙2019の立候補者から見る情勢

今回の琴平町議会議員選挙には、定数10に対して12人の立候補がありました。

党派別・新旧別の内訳は以下の通りです。

党派現職新人元職
共産党1001
無所属9(1)1111(1)
10(1)1112(1)

( )内は女性候補者数

 

現職10人、新人1人、元職1人の争いとなりました。党派別では共産1、無所属11で、女性候補は1人です。有権者数は7,910人。

 

前回(2015年)の同町議選は、定数10に対し11人が立候補し、少数激戦の中、現職7人、新人3人が当選しました。投票率は58.76%と地方選挙としてはかなり低いものでした。最下位当選者の得票数は287票、次点は183票でした。

 

前々回(2011年)は、定数10に対し13人が立候補し、現職7人、新人1人、元職2人が当選しました。投票率は67.58%で、最下位当選者は348票、次点は209票でした。

 

今回も少数激戦になりますが、投票率次第で当選ラインも微妙に変化します。地方選挙にしては、他の地域に比べ投票率が低いのが気がかりですが、今回は前週の参議院選挙に続く2週連続の選挙になるため、有権者にとっては「選挙疲れ」からさらに投票率の低下が懸念されます。

 

新人と元職の候補者が現職のカベを崩せるかどうかが焦点になりそうです。投票率が60%前後として、最低300票が当選ラインの目安になるでしょう。








香川県琴平町の特徴や抱える課題

琴平町の特徴

琴平町は、四国香川県のほぼ中央に位置する仲多度郡の西部に位置し、面積は8.47 平方kmと県下でも2 番目に小さな町で、人口は約8,600人余です。地勢は南北に長く、金倉川と土器川の扇状地にあります。町域の西側が、標高524m、瀬戸内海国立公園・名勝天然記念物に指定されている象頭山の山裾に沿っています。東及び南は、まんのう町、南西は三豊市、北から北西にかけて善通寺市に接しています。

 

JR 土讃線の琴平駅、高松琴平電鉄琴平線の終点駅があり、高松自動車道善通寺IC へ約6.5Kmの位置にあります。県庁所在地である高松市の中心部へは自動車、電車のいずれを使っても60 分以内で到達可能となっています。

 

琴平町は、年間を通して温暖な、暮らしやすい気候に恵まれており、四季ごとに桜、つつじ、もみじ等の花や緑の古木に彩られた美しいまちとして親しまれています。主だった地域産業資源として「レタス」「にんにく」「ナバナ」「清酒」「讃岐一刀彫」等があり、中でも香川県の「にんにく」の生産量は、青森県に次いで全国第2 位で、琴平町は香川県下一の生産地となっています。また、「讃岐一刀彫」は、香川県の伝統工芸品にも認定されており、本町には「讃岐一刀彫」の伝統工芸士が多く存在しています。

 

そして、何よりも「讃岐のこんぴらさん」という愛称で知られる金刀比羅宮を中心に発達した門前町として、多数の観光客を集める観光都市となっているのが特徴です。

 

金刀比羅宮は象頭山中腹に位置し、特に海上の安全、五穀豊穣の守護神として全国から根強い大衆信仰を受けてきました。このため、高松街道、丸亀街道、多度津街道、伊予土佐街道、阿波街道など琴平に向かう道は、こんぴら街道と呼ばれ発達してきました。参道には土産物店や旅籠、茶屋がひしめいており、今日に至るまで全国有数の観光地として大
きく発展してきました。

 

しかし、琴平町の観光入込客数は、瀬戸大橋が開通した1988年(昭和63年)をピークに減少しており、2012年(平成24年)には最も低い約255 万人となりましたが、近年では約290 万人まで回復しています。今でも、香川県下の他の主要観光施設と比べると琴平町の観光入込客数は圧倒的に多くなっています。

 

琴平町が抱える課題

最大の課題は、人口減少問題です。琴平町の人口は、「琴平町人口ビジョン」によれば、1955年(昭和30)年の15,046 人をピークに減少し続けています。一方で、65 歳以上の老年人口は増加傾向にあり、1990年(平成2年)以降は、0~14 歳の年少人口を逆転して多くなっており、2010(平成22年)には、全体の34%を占めるようになっています。

 

また、15~64 歳の生産年齢人口も減少傾向にあり、2015年(平成27年)以降においても減少を続けています。

 

人口減少に伴い、地域における消費市場の規模が縮小し、人材不足、景気低迷を生み出すとともに、住民の経済力の低下をもたらし、高齢化の進展も相まって、地域社会の様々な基盤の維持が困難となりつつあります。

 

このため、琴平町の特徴を踏まえ、地域特性を活かした町独自の施策を展開することで、人口減少に歯止めをかけ、「人口減少が地域経済の縮小を呼び、地域経済の縮小が人口減少を加速させる」という負のスパイラルを防ぎ、地域経済の拡大等により、プラスのサイクルを作ることが急務となっています。

 

そこで、緊急の課題である人口減少問題に対応し、地方創生を成し遂げるため、本町の人口の現状と将来の展望を提示する「琴平町人口ビジョン」及びこの人口ビジョンを踏まえて、今後5か年の目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた「琴平町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しています。

 

この総合戦略は、琴平町総合計画における人口減少対策の戦略版として位置づけ、人口減少時代に総合的、効果的に対応し、持続可能で快適な地域づくりを目指すものです。以下、その主な骨子を紹介します。

 

(1)人口減少・少子高齢化への対応

琴平町の人口は、2010年(平成22年)が9,967 人で、2060年の将来推計人口では4,242 人となり、2010年の半数以下になると想定されています。また、年少人口及び生産年齢人口は減少傾向にある一方で、老年人口は増加傾向にあり、2060年には全体の約46%を占めると想定されています。

人口減少によって、地域経済の規模縮小、地域の活力が低下するとともに、生産年齢人口の減少により税の減収や地域で支え合う生活の維持が困難になります。今後、人口減少に歯止めをかけるとともに、若い世代の定住者を増やしていくことが重要となります。

また、25 歳から34 歳の未婚率は増加を続け、近年では男性が約58%、女性が約44%を超えており、晩婚化が進んでいると考えられます。出生数の減少は、人口に直接関係することから、若い男女の結婚に向けた支援や子どもを産み育てやすい環境づくりが重要と考えられます。

 

(2)産業人口の対策

2010年における本町の産業別就業人口は、第3 次産業が最も多く、全体の約72%を占め、次いで第2 次産業が約22%となっています。産業人口は全体的に減少傾向にあり、第1 次および第2 次産業の減少割合が大きくなっています。

 

就業人口の減少は、地域産業の衰退や事業後継者不足による地場産業の廃業につながり、人口減少と経済縮小の負のスパイラルに至る恐れがあることから、地場産業を活かした就業機会の確保や魅力的な職業の創出などにより、労働力人口を確保し、産業人口の減少に歯止めをかけることが重要であると考えられます。

 

人口減少は、ひいては議員定数の削減にもつながるので、議員にとっても死活問題になるはずです。全国的に有名観光地である金比羅さんの地元として、琴平町ならではの観光産業をどのように活かして、まちの経済基盤として拡大発展させていくか等々、町の将来の発展に向けて、議会でも真剣に取り組んで欲しいところです。

琴平町議会議員選挙(琴平町議会選挙)2019|選挙日程などの実施概要

琴平町議会議員選挙2019の選挙日程など、実施概要は以下の通りです。

投票日

  • 2019年8月4日

投票時間

  • 午前7時から午後8時まで

投票所

  • 投票所入場券記載の投票所

期日前投票の日程や時間・期日前投票場所

  • 2019年7月24日から2019年7月27日

同日執行の選挙

琴平町議会議員選挙2019と同日に執行される主な選挙戦は以下の通りです。

error: Content is protected !!