地方選挙

日田市長選挙 開票結果速報2019|出口調査と情勢予想・立候補者の公約を紹介

大分県日田市長選挙が2019年7月21日に投開票となります。

本記事では日田市市長選挙2019の開票速報や当選者の開票結果、最新の出口調査や情勢、立候補者の公約などについてご紹介していきます。

 

2019年の日田市長選挙の立候補者はいずれも無所属で、現職市長の原田啓介氏(60)と、新人で元厚生労働省官僚の椋野美智子氏(63)、学習塾経営の湯浅総氏(44)の3名で、三つ巴の選挙選となりました。

2019年7月21日には参議院選挙2019も投開票となりますが、果たして日田市の市長選挙の結果はどのようになったのでしょうか。早速見ていきましょう。

 

せんこ
せんこ

今回は大分県日田市長選挙2019の開票結果や立候補者の公約などについてご紹介します。

参議院選挙2019大分県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も参議院選挙2019から大分県選挙区の開票速報・開票結果・当選者落選者の情勢・当確出口調査についてご紹介しています。また、立候補者一覧情報と、当落予想、最新の情勢調査もご紹介しています。情報は随時追加していきます。...

日田市長選挙2019の開票結果速報と当選者の最新出口調査情報は?

日田市市長選挙2019の開票速報及び開票結果はNHKなどの最新出口調査情報や自治体による開票速報が入り次第、以下の図を更新していきます。

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
当選14,675原田 啓介60無所属日田市長
14,016椋野 美智子63無所属元大分大副学長、元厚労省官僚
6,103湯浅 総44無所属学習塾経営
  • 投票率:64.66%

日田市市長選挙|2019年の立候補者の経歴や公約は?

日田市長選挙2019に立候補した候補者の経歴や公約、政策主張は次の通りです。

原田 啓介(はらだ けいすけ)の経歴やプロフィール

  • 名前: 原田 啓介(はらだ けいすけ)
  • 現年齢:60 歳
  • 性別:男
  • 党派:
  • 肩書き:現日田市長
  • 学歴:東海大学付属第五高等学校卒
  • 職歴:昭和54年11月~平成12年6月 有限会社 原田ビル(日田の里)役員、平成12年7月~平成15年3月 福岡県杷木町役場委託職員(杷木町観光協会事務局長)、平成15年4月~平成23年7月 有限会社 原田ビル(日田の里)役員、平成23年8月5日~平成27年8月4日 第9代日田市長(1期)、平成27年8月5日~ 第9代日田市長(2期)

1994年から1996年3月まで筑紫哲也を学長に据えた「自由の森大学」の実行委員長1996年4月から2003年5月まで事務総長を務めた。

2003年日田市長選挙に出馬するも現職に僅差で敗れるも、2011年の日田市長選に勝利し市長に就任。2015年には再選を果たす。

主な公約・政策主張
  • 農林業など基幹産業の支援・強靭化
  • IT企業などの企業誘致
  • 他県に通じるインフラの整備
  • 情報インフラの整備
  • 防災ラジオの導入
  • 障がい者やシニア世代が社会参加できる創業支援策の新設
  • 公共交通策の充実

椋野 美智子(むくの みちこ)の経歴やプロフィール

  • 名前:椋野 美智子(むくの みちこ)
  • 現年齢:63歳
  • 性別:女(新人)
  • 党派:無所属
  • 肩書き:元大分大学副学長
  • 学歴:東大卒
  • 職歴: 1978年厚生労働省入省、同省課長、大分大学副学長

日田市生まれで元厚生労働官僚、2006年大分大学教授(副学長)になった。

主な公約・政策主張
  1. 人口減少を食い止めるため女性の活躍や子育て支援
  2. 旧郡部を元気にするために振興局への分離推進
  3. 高齢者の集いの場と免許返納後の移動手段の確保
  4. 職員が市民を向いて仕事する市役所改革

湯浅 総(ゆあさ そう)の経歴やプロフィール

  • 名前:湯浅 総 (ゆあさ そう)
  • 現年齢:44歳
  • 性別:男(新人)
  • 党派:無所属
  • 肩書き:学習塾経営
  • 学歴:早稲田大学卒
  • 職歴:学習塾経営、社会福祉法人若宮福祉会副理事長

日田市田島。2004年から学習塾経営、社会福祉法人若宮福祉会の副理事長も務めた。

主な公約・政策主張
  • 2年以内の給食費無料化
  • 免許返納者へのタクシー・バス券の配布
  • 市長給与の50%カット
  • 4年で市民1人当たりの所得向上率日本一
  • 津江・大山・小野をつなぐ立野道路の早期拡張の促進の達成
  • 国際都市化を目指す
  • 自然災害に対する周辺自治体との広域連携の強化









大分県日田市長選挙2019の情勢と当落予想

まずは過去の日田市長選挙を振り返ってみます。

20011年は現職の佐藤陽一氏に当時新人の原田啓介氏が挑み接戦の末原田氏が勝利しました。投票率は64.33%でした。

当選原田 啓介無所属52歳(男)新人19,338 票
佐藤 陽一無所属62歳(男)現職17,643 票

 

前回の2015年は、新人のこいけ氏が当時現職の原田氏に挑んだが原田氏の再選となりました。投票率は62.34%。

当選原田 啓介無所属56歳(男)現職21,656票
こいけ 昭太郎無所属―歳(男)新人12,938票

 

今回の日田市長選では、2017年の九州豪雨など頻発する災害や進む過疎化、人口減少や高齢化への対策、観光振興策が焦点となっています。有権者数は55,373人(13日現在、市選管調べ)

 

3選を目指す原田氏に新人で元大分大学副学長の椋野氏と同じく新人で学習塾を経営する湯浅氏が挑む形で、年齢的にはまだ若い原田氏の2期8年の市政に対する日田市民の判断評価が軸となると思われます。








日田市市長選挙2019の日程や期日前投票など

最後に日田市市長選挙2019における告示日や投票日・期日前投票期間などについてご紹介します。

  • 告示日:2019年7月14日
  • 投票日:2019年7月21日
  • 投票時間:午前7時~午後8時まで
  • 投票所:投票所入場券記載の投票所
  • 期日前投票期間:7月15日(月) ~ 7月20日(土) まで
  • 期日前投票時間:投票所につき変動あり(詳細はこちらへ)

まとめ

以上が日田市市長選挙2019に関する情報です。

本サイトでは同日執行されるその他都道府県の選挙情報もまとめていますので参考になさってください。

また、7月21日は参議院選挙2019も同日に執行されますので、大分県選挙区の情報もチェックなさってくださいね。

参議院選挙2019大分県選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も参議院選挙2019から大分県選挙区の開票速報・開票結果・当選者落選者の情勢・当確出口調査についてご紹介しています。また、立候補者一覧情報と、当落予想、最新の情勢調査もご紹介しています。情報は随時追加していきます。...


同日執行の選挙

日田市長選挙2019と同日執行の選挙は以下の通りです。(無投票は除く)

error: Content is protected !!