地方選挙

早島町長選挙2019結果速報と開票結果 立候補者と情勢・当確出口調査まとめ

岡山県、早島町長選挙が2019年8月4日に投開票となります。

こちらの記事では早島町町長選挙2019の選挙開票速報や当選者の開票結果、最新の出口調査や情勢、立候補者の公約などについてご紹介していきます。

 

2019年の早島町長選挙の立候補者は3名となります。

 

せんこ
せんこ

今回は岡山県早島町長選挙2019の開票結果や立候補者の公約などについてご紹介します。

参議院選挙2019大阪府選挙区の開票結果速報と情勢出口調査|立候補者の当落予想も考察参議院選挙2019から大阪府選挙区の開票速報・開票結果・当選者落選者の当確出口調査についてご紹介しています。また、立候補者一覧情報と、当落予想、最新の情勢調査もご紹介しています。情報は随時追加していきます。...

早島町長選挙2019の開票結果速報と当選者の最新出口調査情報は?

岡山県、早島町長選挙2019の開票結果は自治体やNHKなどの出口調査、最新の開票速報が発表され次第随時記事を更新していきます。

投開票まで今しばらくお待ち下さい。

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
沢田 順一60無所属無職
中川 真寿男65無所属早島町長
八木 茂66無所属無職、元町議








早島町町長選挙|2019年の立候補者の経歴や公約は?

沢田 順一(さわだ じゅんいち)の経歴やプロフィール

  • 名前:沢田 順一(さわだ じゅんいち)
  • 現年齢:60歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新
  • 肩書き:元倉敷市職員
  • 学歴:関西大 卒業
  • 職歴:1981年より倉敷市役所へ奉職。秘書課長、企画経営室長、議会事務局長などを務め、今年3月に定年退職。
主な公約・政策主張

※まとまった公約が確認できませんでした。関連する記事より引用させていただきます。

「38年間の行政経験を生かし、財政改革、子育て支援の充実、防災対策といった重要課題にスピード感を持って取り組む。積極的に現場を歩き、町民の声をしっかり拾い上げて政策に反映させ、地元早島の発展を全力で推し進めていく」

早島町長選に澤田氏が出馬表明 「地元の発展全力で進める」(山陽新聞)より

沢田順一氏の第一声

町政はこの4年間停滞し、このままでは自主自立のまちづくりが危うくなる。希望ある早島の未来に向け、全身全霊で取り組む。

四つの約束をする。一つ目は役場改革の断行。町民目線でしっかりと意見を聞き仕事をする。二つ目は保育士の確保を行い待機児童を解消する。三つ目は国民健康保険税を早期に引き下げ、高齢者が安心して生活できるまちづくりを進める。四つ目は防災対策。役場の役割は町民の命、暮らしを守ることであり、万全の対策を行う。

早島町長選は現新三つどもえに 出陣式で第一声、8月4日投開票(山陽新聞)

中川 真寿男(なかがわ ますお)の経歴やプロフィール

  • 名前:中川 真寿男(なかがわ ますお)
  • 現年齢:65歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新
  • 肩書き:現町長
  • 学歴:早稲田大 卒業
  • 職歴:1978年より早島町役場に務める。学校教育課長、福祉課長などを歴任。2015年の町長選で初当選。今回再選を目指す。
主な公約・政策主張

大好きな早島のために全力投球
町民の皆さんのご意見を施策の根本とし、さまざまな分野に目配りし、町民の皆さんが豊かさと幸福感を感じることのできる町をつくっていきます。また、徹底した無駄の排除により、未来に投資し、持続可能な町をつくっていきます。

各種施策の展開 4つの基本方針

  • 子どもは未来のたからもの
    ~子育てをしながら、働きやすい環境の支援体制を整備~
  • あなたの笑顔が見たいから
    ~住み慣れた地域で、自分らしい暮らしができるまちに~
  • 今日の安全、明日の安心
    ~地域の安全安心は、最重要課題。 防災・防犯・交通安全対策を進め、安全な早島町に~
  • 持続可能な地域の創造、女性の力の活用
    ~地域経済の活性化に女性の力は不可欠。魅力あるまちに~

早島町公式HP 町長の部屋「ごあいさつ」より

八木 茂(やぎ しげる)の経歴やプロフィール

  • 名前:八木 茂(やぎ しげる)
  • 現年齢:66歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新
  • 肩書き:元早島町議
  • 学歴:芝浦工業大 卒業
  • 職歴:鋼材加工会社役員を経て、2014年より町議。2015年に辞職し、同年の前回町長選に立候補するも、中川氏に惜敗。
主な公約・政策主張

※沢田氏と同じく公約が確認できませんでした。関連記事より該当部分を引用させていただきます。

「民間時代に培ったノウハウを生かして財政の無駄を削減するとともに、町役場の組織体制も見直して業務の効率化を図る。行政の対応力を高めていき、住民サービスの充実はもちろん、JR早島駅周辺の活性化など重要課題の解決につなげる」

早島町長選に八木氏が出馬表明 「財政の無駄を削減する」(山陽新聞)より

八木茂氏の第一声

町政はこのままでいいのか。安心して老後にゆっくりと生活でき、未来を担う子どもたちがすくすく育つ環境になっているだろうか。早島の10年、20年後を見据え、その思いで出馬を決意した。

安全安心な早島を目指す。昨年の西日本豪雨を見てもまだ防災対策が必要だ。待機児童や福祉施設へ入所できない高齢者の対応も急がなければならない。

前回の町長選では、支援者の期待に応えることができなかった。「今度こそは」という思いで、足が折れるまで歩き、声がかれるまで闘い抜く。町政のコントロール役を私に任せてほしい。

早島町長選は現新三つどもえに 出陣式で第一声、8月4日投開票(山陽新聞)より









早島町長選挙2019の選挙情勢から見る当落予想は?

早島町は、

  • 岡山市と倉敷市へ、どちらへも通勤可能である
  • 山と自然に囲まれ、周辺には美術館、公園など環境がよい
  • 電車も車もアクセスが便利

など注目され、日本全国人口減少に悩む自治体が多い中、人口が増えている町です。

人口増加に対しての保育施設の待機児童対策JRA早島駅周辺の活性化などが、今回の選挙の争点になるでしょう。

中川氏の現町政に対し、沢田氏は役場のサービスのスピード感を問題視。豊富な行政経験を元に職員の意識改革を促し、防災や高齢化対策を進めるとし、八木氏は民間の経営手法により、業務の効率化、町財政の無駄の削減図り、社会保障や育児支援に回す、と主張されています。

前回の町長選挙は、新人二人の闘いでした。今回も立候補されている八木氏の2565票に対し2866票を獲得した中川氏が町長に就任しました。たった300票の僅差でした。今回は3人の立候補です。さらに票がわれ、接戦になることが予想されます。

今のところ、現職に大きな問題はなさそうです。実績があり、着任して1期とまだ道半ばである現職中川氏が有利です。しかし気を許せば結果が覆りそうな、緊張感のある選挙戦となるでしょう。








岡山県早島町長選挙2019の日程や期日前投票など

最後に早島町長選挙2019における告示日や投票日・期日前投票期間などについてご紹介します。

  • 告示日:2019年7月28日
  • 投票日:2019年8月4日
  • 投票時間:午前7時~午後8時まで
  • 投票所:投票所入場券記載の投票所
  • 期日前投票期間:7月29日(月) ~ 8月3日(土) まで
  • 期日前投票時間:午前8時30分~午後8時まで

まとめ

以上、早島町選挙2019に関する情報をお届け致しました。

本サイトでは同日執行されるその他都道府県の選挙情報もまとめていますので参考になさってください。


同日執行の選挙

早島町選挙2019と同日執行の選挙は以下の通りです。(無投票は除く)

  • 島牧村長選挙(北海道)
  • 仁木町議会議員選挙(北海道)
  • 余市町議会議員選挙(北海道)
  • 葛巻町長選挙(岩手県)
  • 田野畑村議会議員選挙(岩手県)
  • 川崎町長選挙(宮城県)
  • 最上町議会議員選挙(山形県)
  • 戸沢村議会議員選挙(山形県)
  • 高畠町議会議員選挙(山形県)
  • 会津若松市長選挙(福島県)
  • 会津若松市議会議員選挙(福島県)
  • 西郷村議会議員選挙(福島県)
  • 結城市長選挙(茨城県)
  • 柏市議会議員選挙(千葉県)
  • 勝山市議会議員選挙(福井県)
  • 忍野村長選挙(山梨県)
  • 向日市議会議員選挙(京都府)
  • 市川町長選挙(兵庫県)
  • 市川町議会議員選挙(兵庫県)
  • 早島町長選挙(岡山県)
  • 太良町議会議員選挙(佐賀県)
error: Content is protected !!